「週刊少年ジャンプ」で有名な
集英社から出たメタバースの古典

経済産業省からも推薦図書に選ばれた
『メタバース さよならアトムの時代』

https://www.shueisha.co.jp/books/items/contents.html?isbn=978-4-08-788075-5
メタバース さよならアトムの時代/加藤 直人 | 集英社 ― SHUEISHA ―
2022年最注目キーワード〈メタバース〉が一番よくわかる教科書。GAFAMがしのぎを削る現状から、VRの歴史や背後の思想、そして驚きの未来像まで、メタバースに関わるすべてを網羅!「世界を変える30歳未満30人の日本人」(Forbes JAPAN)に選出された、メタバースプラットフォームcluster創業者が幻視する、人類が物質(アトム)の束縛から解き放たれる未来とは?【目次】第1章 メタバースとは何か伝説的小説『スノウ・クラッシュ』/一世を風靡した「セカンドライフ」/メタバース7つの条件/8つ目の条件は「身体性」/世界的大ヒットゲーム「フォートナイト」/MMORPGとの違いは「自己組織化」/フェイスブックの大きな賭け etc.第2章 メタバース市場とそのプレイヤーたちゲーム業界とSNS業界の戦い/デジタル資産・NFTの活用先/実現可能な『ハリー・ポッター』の魔法/究極のネイティブ広告/ノーコード・ツールとしての「どうぶつの森」/Web3.0を牽引するイーサリアム etc.第3章 人類史にとってのメタバース「計算」は身体と深く結びついている/「数学を数学する」という挑戦/人間と機械を融合する「サイバネティクス」/知性とはパターンを見つけること/現実はすでに「圧縮」されている/情報を動かすバーチャリティの時代/主役はアトムからデータへ交代 etc.第4章 VRという技術革命VR発展の3つのフェーズ/画期的な89年の「アイフォン」/VRの3大技術要素/オキュラスの快進撃/デバイス技術をオープンソースに/2016年の新機種旋風/VRデバイスの驚異的な進化スピード etc.第5章 加速する新しい経済ゲーム・イベント・エロ/VR・ARでやる必要がないこと/世界初の有料VRライブ/アーカイブ機能はタイムマシンである/メタバースの第1次&第2次産業/NFTによるクリエイターの復権/遊べば遊ぶほど稼げる未来 etc.第6章 メタバースの未来と日本”面倒くさい”コミュニケーションの歴史/デジタル世界で「体を重ねる」/メタバース・ファーストな都市/コラボして建造するメタバースのピラミッド/日本のストロングポイント etc.【プロフィール】加藤直人(かとう・なおと)クラスター株式会社 代表取締役CEO。1988年大阪府生まれ。京都大学理学部にて宇宙論と量子物性論を研究。京都大学大学院理学研究科修士課程中退後、約3年間のひきこもり生活を過ごす。2015年にスタートアップ「クラスター」を起業。2017年にVRプラットフォーム「cluster」を公開。clusterは現在アバターを用いたコミュニケーションやオンラインゲームの投稿などができるメタバースプラットフォームへと進化している。
www.shueisha.co.jp

〈目次より抜粋〉
◇AIが生成する「どこにもない体験」
◇全員が輝くアーキテクチャ
◇VRの三大技術要素
◇VR・ARでやる必要がないこと
◇ワールドクリエイターの収益化手段
◇メタバース上のカフェ経営
◇遊べば遊ぶほど稼げる未来
◇存在するだけで情報発信

まるでジャンプの漫画の世界のような
上記をふくむ目次で
メタバースの歴史とこれからを述べる

文章もなめらかで具体例にあふれ、
メタバースのように場面が脳に浮かぶ

ARが日常に来てもらう装置
VRが非日常に行く装置
という区分も、絵もあって明快である

著者自身が唯一の日本初の
空間プラットフォーム創業者であり
結果、やる気も文章に充ちている

その「クラスター」というサービスは
バーチャル大阪/渋谷、
ポケモン/ディズニーのイベント、
東大の卒業式等で活用されている
事例紹介のあとに述べられるのは
「体験の検索/生成」という概念であり、
ニーズに応じて体験が提示/生成されるという

ここで画像/動画生成の例でGANが、
AIによる体験の自動生成の例として
AIダンジョンが紹介されている
https://play.aidungeon.io/main/home

続いて同業のロブロックス社による
価値の流通の紹介がある
ユーザーは小学生が多いが、
流通額は年1,000億円超で、
コンテンツはクリエイターが生み、
年数百億円が還元されている

続いて(AIも同様だと思うが)
倫理的なルールを自律的に守らせる
仕組みが必要なことも述べられる

「好き」だけで構成したものを元に
「必要」なものを手に入れる仕組みなど
様々な発想が読み手にあふれる工夫がある

関連分野の古今東西の網羅性も高く
着想による人生/文明開発のためにも
ぜひ読んでいただきたい

あの人がこの分野に興味を持ったのは
ここが入口なのだろう等の推測もでき
近い分野の人の気持ちを大事にできるだろう

AIが人類に問い続けている
「人間とは何なのか」という問いを
メタバースも今投げかけている